ホースプロジェクト3S MV

ホースプロジェクト3S MV

知っていますか?

引退馬たちがどこへ行くのか。

「引退馬は、乗馬クラブなどへ引き取られ、JRAの公式ホームページにもその旨の記載がある。しかし、引き取られた後にどうなったのかは、実際のところわからない。」 競走馬となるべく毎年、7000頭も生まれるサラブレッドたち。その一方で、事故やケガにより、年齢関係なく引退を余儀無くされる馬は、年間 5000頭に上ると言います。 結局、乗馬クラブへ行ったとしても、セカンドキャリアを積むことができない。体の大きい馬ですから、食費などの維持費だけがかさんでしまい「必要ない」とみなされ、 殺処分されて馬肉として売り渡されてしまうことが、実は普通に起きているのです。

ホースプロジェクト3S MV

プロジェクト設立

馬主から売られた 競走馬を屠殺場から1頭でも多く救いたい。 「動物らしく」安心して暮らせる場所を用意したい。そんな思いでこのプロジェクトは設立されました。 群馬県・赤城にて引退後の競走馬が命の危険に脅かさせることなく、馬として皆に愛されながら「第二の人生」を送れるように活動しています。

支援金の行き先

Donations

“みなさまからお預かりした寄付金は 群馬県前橋市にある豊かな自然あふれる赤城山の麓に位置する。 ステーブルリープリングへ!”

競走馬引退後の受け入れも積極的に行なっており、競走馬たちが第二の人生を乗馬によって活躍できるよう調教しております。

サイトを見る →

メンバー紹介

Member

ステーブルリープリング代表・調教師

伊藤 俊和Toshikazu Ito

ステーブルリープリングとは名前の通り、ドイツ語で、愛するもの、大切なもの。を意味 しております。 私の人生において、馬そのものが、リープリングです。 昔、騎手を目指し中学から馬一筋の人生... 残念ながら、 騎手の夢は叶いませんでしたが、同じサラブレッドに馬術という形でのラ イダーとして活躍できたらと日々奮闘してきました。 今では、ライダーとへの指導者、馬の調教の方に力を入れ、引退競走馬を少しでも多 くリトレーニングし、馬術や乗馬の道で 彼らが活躍できるよう努めていきたいと思って います。 今回、私にとって田中様、フィリップとの出会いは、本当に自分か ゙やりたかったことが叶 いつつあるスタートを切って下さいました。 これからも、馬主様と密接に関わらせて頂き、沢山の競走馬を救いたいと思っております。 ご協力のほど、よろしくお願い致します。

日本馬術連盟 A級ライダー/全日本ヤングライダー選手権出場・全日本障害ダービー競技 7位入賞

メンタルヘルスケア・ホースアクティビティ

八木 めぐみMegumi Yagi

どこの乗馬クラブを訪ねても必ずと言っていいほど、国内で生産されたサラブレッドが 乗馬としています。 そのサラブレッドの多くは競走馬として生産され、引退しリトレーニ ングの後、乗馬として活躍してます。競馬と言うと 一見華やかな舞台ではありますが、それはごくわずかな部分であり、引退した多くの馬が殺処分されてしまうという実態があります。 現在では、競走馬をリトレーニングにして馬術競技で活躍しるケースが増えています が、それは競走馬時代の、オーナー、調教師また ファンなどその馬に携わった人の意 思があってこそ出来ることが多いので、より多くの人が馬は物ではなく、生き物である ことを忘れず、 競走馬で活躍する以外の選択肢があることを知って欲しと思います。サラブレッドたちが、晴れて華やかな競馬として活躍できるのか? と言ったら... 活躍するのはほんの一握りでしょう。 では、選ばれなかった馬や、早くに引退した馬たちは一体...何処へ... 我がクラブでは、そんなサラブレッドたちの第 2 ステージを乗馬、馬術競技馬としてリ トレーニングし、活躍できるよう力を入れてます。 とはいえ、競走馬引退したばかりのサラブレッドたちは、全てがそうではありません が、やはり安全、安心に誰もが扱える馬...ではない 状況にいることがほとんどだと思 います。 それは、競馬である以上、それなりの、トレーニング、食事、環境にありサラブレッドたちは ひびその中で生活しているので当然の事だと思います。私たちのクラブに来ると、まずは馬たちの静養から始まります。 心身共に一旦は、 リラックス、リセットさせて、馬たちに対してまずは、人は怖くない。大丈夫だよ。と信頼 できるように関わって行くよう心がけています。 最初は気性が荒く、女性や子供では扱えなかったような子も、時間と共になれてきま す。馬自体の顔つきも変わってきます。 競走馬時代とは全くの別馬〜テンション... あの○○が...こんな大人しくなるなんて!と競走馬時代のその子を知っている方が クラブに逢いにきて下さり驚かれることが少なくありません。私にとって馬一頭一頭は、看護師だった仕事を生かして関わるとしたら、 患者様と同じ関わりだと思っています。 人は、一人一人、全く違う症状、性格、食事、体格、体質... 馬にも同じ事が言えると思います。

日本馬術連盟 B級ライダー/看護師・身体障害者乗馬 インストラクター資格研修中

アシスタント

額田 隼斗Hayato Nukada

サラブレッドの多くは競走馬として生産されています。競馬という華やかな舞台。 引退した競走馬の多くは殺処分される。より多くの人に馬は物ではなく生き物である事を忘れずに競走馬以外での活躍の場がある事を知って欲しいです。

日本馬術連盟 B級ライダー/全日本チルドレンライダー選手権出場

プロジェクト発起人

田中勝麻Katuma Tanaka

ステーブルリープリングに行く際に、よく馬搬送車を見かける。 最初は赤城山の麓に休養に出すのかな、 馬事公苑もあるから競技かな等、心の中で思った。 実際は違った。競馬場もない群馬県になぜ多くの馬搬送車が...その行き先は屠殺場である。 その馬たちは、人間用の馬肉だけではなく、動物の飼料用にもなる。 スタッフに聞くと、安楽死させた馬は食用にならず、専門の火葬業者が焼却処分すると言う。 「馬は焼くのに時間が掛かるんだよね。まとめてやるから...」その後は「処分して捨てる。」 動物と言う命を「物」のように扱う言葉に憤りを覚えた。 屠殺場に向かう馬を救うには、無料で引き取ることができない。 馬主オーナーから約 40 万円で引退後の競走馬を買い取っている為、屠殺場から引き取るに は 100 万円前後のお金が必要。 クラブには馬主から引退した馬を譲って頂き引き取る形が多いですが、馬主から売られた 競走馬を屠殺場から1頭でも多く救いたい。 その思いが強く、2019 年 6 月に「ホースプロジェクト3S」を立ち上げました。 本プロジェクトを立ち上げる前は、TCCサンクスホースプロジェクトに支援していた。 2017 年、25 歳で個人馬主の資格を取得し、初めて競走馬を所有する。 1 着をとりたいと気持ちもある。それよりも大事なのは、怪我無く無事に完走してもらうこ と。 自分の競走馬が主そうしたレース後には、必ず馬の元に行き「お疲れ様」と言いながら馬を 撫でる。 その馬は現在、競走馬を引退し乗馬として自ら所有しています。 現在、競走馬の1口馬主をやられている方も多いですが、本プロジェクトは競馬と違い 儲けるのではなく、「命を救う」大切さとして協力をお願いしたい。 そして、協力していただき実際にアットホームな環境のステーブルリープリングで引退馬 と 触れ合ったり乗馬を楽しんで頂きたい。 馬は人間の気持ちが良く分かる生き物。馬=ビジネス動物。それを覆したい。 引退した馬を最後まで見守れる温かい人間になってほしい。

東京馬主会/システム・シャイン・サービス株式会社 専務取締役

 

支援先で暮す引退馬たち

by Stable Liebling

ラストウィッシュ号 ♀
(父:アグネスデジタル 母:メジロバート)

平成 21年3月14日生まれ
[生産牧場:メジロ牧場]

キッスアフィニティ号 ♂
(父:ゼンノロブロイ 母:キッスパシオン)

平成 24年2月13日生まれ
[生産牧場:ノーザンファーム]

リーガルトライ号 ♂
(父:スズカマンボ 母:ハセノマジョラム)

平成 25年4月27日生まれ
[生産牧場:佐々木牧場]

ベッスルグランディ号 ♀
(父:スキャーターザゴールド 母:ベッスルクイーン)

平成 15年5月9日生まれ
[生産牧場:タカミファーム]

モンスターハンター号 ♂
(父:マンハッタンカフェ 母:キャシーズラブ)

平成 18年2月23日生まれ
[生産牧場:千代田牧場]

イーサンキセキ号 ♂
(父:フジキセキ 母:サクラカンパネラ)

平成 22年3月31日生まれ
[生産牧場:伊藤 敏明]

ピクシーカフェ号 ♀
(父:ネオユニヴァース 母:グリーティングス)

平成 25年4月23日生まれ
[生産牧場:市川牧場]

キョウイチ号 ♂
(父:キョウトシチー 母:グリーンセルシナ)

平成 15年4月25日生まれ
[生産牧場:クラウンホースメイト]

ドラゴンスパン号 ♂
(父:Hard Squn 母:Amma lu)

平成 23年2月23日生まれ
[生産牧場:Brandywine Farm&Darley(U.S.A)]

ゴルラゴン号 ♂
(父:ハーツクライ 母:エヴァンタイユ)

平成 28年3月21日生まれ
[生産牧場:社台ファーム]

シーハリケーン号 ♂
(父:タートルボウル 母:ホーカーハリケーン)

平成 26年3月21日生まれ
[生産牧場:社台ファーム]

ご支援のお願い

Charity

申し込みメールフォーム お振込み先

キャンペーン

Campaign

協賛

Special thanks

協賛者(敬称略)順不同 / 表示許可者のみ

江戸熊手職人 中村屋
Effort stable
(株)井ノ岡トレーニングセンター
片山 裕彦
辻野 豊(大井競馬場 調教師)
江川 聡子
長谷川 雄介
長谷川 由佳
三上 崇之
株式会社中央メディアエージェンシー 山口 勝則
佐藤 晴美
毛利 浩人